腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院にお任せください。

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院
京都市山科区せがわ接骨院のメール問い合わせはこちら

院長ごあいさつ

院長プロフィール

今の仕事についたきっかけから現在に至るまで

#

京都市左京区で会社員の父と専業主婦である母の間に2人兄弟の次男として誕生。

小学校、中学校は野球部に所属、ポジションはピッチャーやショートを任される。
部活が休みの日でも近所の空き地や公園で部活メンバーと野球ばかりに明け暮れる。
しかし部活を卒業して中学校の卒業し高校に入るや他の遊びやバイクに興味をもつ。

高校は基本的に毎日出席。
勉強は、そこそここなすも、遊びとバイトで帰りは深夜で両親を困らせることも多々あり。

高校卒業後は就職を希望し自動車製造メーカーに入って約9年間勤務。

自動車メーカー就職1年目くらいに地元の先輩にサーフィンやスノーボードに連れて行ってもらい夢中になる。

この時、海で見たサーファーが格好良く憧れになる。

ちなみにモテるとも思った。(笑)

在籍初年度~9年間は車の構造やエンジンの組み立て、販売会社での修理、組織でのチームワークの重要性、リーダーシップの取り方など多くを学ぶ。

しかし、勤務して7年目くらいに「このままでいいのか?」と何気に自身のこれからのことを考え始める。

「これがしたい。」と言うのはなかったが、何か手に職をつけたいと考える。

そんな折、年末年始恒例の両親や兄家族との長野県白馬村へのスノーボード・温泉旅行の時、兄の専門学校時代の恩師(大阪で接骨院経営)に初めて出会い、一緒にスノーボード、温泉を楽しむ。

その兄の恩師(のちの師匠)に人のカラダや施術のこと、患者さんの話など興味深いことを色々と聞く機会をいただく。

また、自身がサーフィンやスノーボードなど身体を動かすことが大好きで、幾度となく地元の接骨院、整体院にお世話になっていたこともあり整体と言う職業に興味をもつ。

年末年始の休日が終わって日常生活に戻るも整体という言葉が頭に残る。

整体に対して興味がふつふつと湧いてきて今まで気づくことのなかった接骨院、整体の看板がやけに目に入る。

1か月後には「資格を取って技術を磨き接骨院(整体)で独立開業する!」と決心。

両親や家族などに報告。

勤務してから8年ほどたっていたこともあり、収入もそれなりに安定して数年後には結婚しよう!とも言っていたので、パートナーや身内から反対されるかと思いきや皆から「やりたいことが見つかったなら、またイチから頑張ったら!!」と背中を押して貰う。

さっそく直属の上司に退職願いを持って退職の理由を説明。

退職までの1カ月の間にお世話になった上司や先輩、同僚にお礼の挨拶や業務の引き継ぎなどを行う。

ここでも職場の上司や先輩、同僚など皆さんに温かい言葉や餞別をいただき円満退社。

そして、気持ち新たに大阪の地へ

勉強と技術練習の毎日・国家資格取得

大阪の接骨院に勤務1年間は、「接骨院がどういったものなのか?」を、接骨院の2階に住み込みで見習い。

接骨院見習いでの勤務1年後、国家資格を取得に必要な大阪の整体の養成学校に入学。

平日の昼間は学校、午前と午後は接骨院で見習い。

診療終了後、接骨院の先輩をつかまえては手技やテーピングの練習に励み、練習が終わってから深夜まで整体学校での解剖などの身体の構造や仕組みについての勉強や宿題をする。

日曜日は整体技術の勉強会や整体学校主催セミナーに参加。

または、地元の京都に帰り先輩などとサーフィン、スノーボードへ行ったりする。

#

整体の養成学校に3年間通い卒業後に、国家資格「柔道整復師」の資格を取得。

国家資格は取得するも「あれぇ、通用しない、、、!?」

そう、資格は取得するも、勉強不足と臨床経験が全然浅くて自分の実力の無さを痛感する。

そこから更に先輩や後輩を捕まえてはテーピングの練習や技術練習、週末の技術セミナー、実際の現場での施術を幾度となく繰り返して経験を積んでいく。

独立・開業へ

大阪の整体院で約5年間に1,8000人ほどの患者さんを診ることになり、いろんな症例を経験する。

同時に人との接し方、内外における人間関係という貴重な勉強をさせていただく。
これまで学んできた矯正や整体、牽引療法、スイング療法、テーピング、包帯固定などさまざまな施術を研究・分析して現在の施術体系が出来上がる。

さらに理想の施術を追求し、「痛い、しびれる」などつらい症状で困っている多くの人たちに提供するため、2008年10月、地元の京都市山科区椥辻にせがわ接骨院を開院。

終わらない追求

#

現在も現場で施術する間をぬって、東京・名古屋・広島・大阪などへ出向いて
年間280時間を超える勉強会、技術セミナーなどに参加して常に技術に磨きをかけている。

また当院の主催する勉強会やセミナーには、各地域の第一線で活躍している先生が集まって切磋琢磨している。

#
#
#

〒607-8163
京都市山科区椥辻東潰31番地2カトウ第3ビル2階

院長:瀬川 雄二(柔道整復師)

お問い合わせ 075-502-4976

#

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院におまかせください!

京都市山科区せがわ接骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。地下鉄東西線「椥辻駅」より徒歩2分

© 腰痛改善専門 京都市山科区せがわ接骨院 All Rights Reserved.