腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院にお任せください。

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院
京都市山科区せがわ接骨院のメール問い合わせはこちら

ギックリ腰について

ギックリ腰の写真

ギックリ腰は急に腰が痛くなる急性腰痛症のことです。

腰に負担のかかる仕事をしている方だけでなく、特に腰に負担をかけるような生活をしていない人でもギックリ腰になることがあります。

重いものを持ち上げようとしたときや洗顔のために前かがみになった時、くしゃみをした時などにもギックリ腰になることがあります。

なぜギックリ腰が起きるのか?

なぜギックリ腰が起きるのか?

腰の周りの筋肉が運動不足や加齢などで緊張している状態にある時、急激な負荷がかかることで靭帯や筋肉が炎症を起こしてギックリ腰になります。

また、背骨がゆがんでいて周りの筋肉がそれを支えようとして緊張しているという場合も、ギックリ腰になりやすいです。

ですから、ギックリ腰は起きる以前に発症する要因がある物なのです。

腰の周りの筋肉が緊張する状況としては、長時間の立ち仕事や悪い姿勢、冷え、疲労、運動不足、肥満、ストレスなどがあります。

ギックリ腰の主な症状としては、動作の瞬間に腰に激痛を感じ動けなくなる、最初は違和感程度だったのに次第に腰痛が悪化していく、一度横になると痛みでなかなか起き上がれない、歩くことができないなどです。また、寝返りや姿勢を変えるのが辛いということもあります。

ギックリ腰を悪化させてしまう原因とは?

ギックリ腰を悪化させてしまう原因とは?

ぎっくり腰になった時に温めてしまうと、炎症がひどくなって悪化します。

痛みが引くまでは温めないで冷やすことが必要です。

また、ぎっくり腰になってもある程度動けることがありますが、無理をして動くとさらに悪化します。

ぎっくり腰になった直後は安静にしていることが大切です。

使用しているマットレスが硬すぎたり柔らかすぎるもの、また、お尻が沈んでしまう低反発マットだったりするとぎっくり腰の症状がひどくなる可能性があります。

力を入れなくても自然に寝返りが打てるようなマットレスがいいでしょう。

合わない枕を使うことによっても症状が悪化します。

寝るときの首の角度は背骨や骨盤の角度にも影響するからです。

ぎっくり腰を悪化させないためには鼻と喉とおへそが一直線になるような状態がいいので、そのような状態になる高さの枕を選びます。

また、幅が狭い枕だと寝ているときに頭が枕から外れてしまってそのままの状態で眠っていると腰に負担がかかり、症状が悪化します。

幅が広い枕を使いましょう。

注意!ギックリ腰の裏に隠れている病気

注意!ギックリ腰の裏に隠れている病気

ギックリ腰自体は内臓疾患などによって引き起こされるわけではありませんが、ギックリ腰が治ってもまだ腰が痛む時には気を付ける必要があります。

ギックリ腰になりやすい人は普段から腰痛を抱えていることが多いため、またいつもの腰痛だろうと考えてしまうことが多いですが、腰痛は別の病気が関係している場合もあります。

腰痛の原因になる病気は、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍をはじめ、胆嚢炎、胆石症、子宮筋腫、腹部大動脈瘤と様々です。

病気が関係している場合には、発熱を伴う、安静にしていても我慢できないくらいの痛みがある、脚に力が入らない、足の裏の感覚が鈍い、気分が悪い、倦怠感があるなどの症状も現れます。

ギックリ腰を和らげる方法、施術方法は?

ギックリ腰の改善アドバイス

ギックリ腰を起こした直後の施術法は、筋肉が酸欠状態になっているので、伸縮性テーピングを張りつつ背骨の椎間関節を調整する施術が有効です。

そして、椎間関節の可動域を増やした状態で、ギックリ腰で異常に緊張している、腰や股関節(臀部、太もも周囲)筋肉の緊張を緩めることが効果的でしょう。

椎間板ヘルニアが関係している疑いのあるギックリ腰についても、上記施術は有効です。MRIの検査での椎間板ヘルニアはあくまで画像での判断になっていて、まずは様子をみる温存療法が行われ症状が改善しないと手術とお決まりのパターンになるでしょう。

しかし、上記の施術をしっかりとおこなえば症状はなくなります。

痛みのピークは、おおよそ30歳代以下の方で24時間。40歳以上で48時間です。

なにより、早く回復するには、ずっと安静にしているのではなく、動ける範囲で動くことがギックリ腰を早く回復させるポイントとなっています。

ギックリ腰になってしまった時に自分で対処するには、横になるか、それが無理なら壁にもたれかかってなるべく体の緊張が緩くなる状態にします。

それから腰を冷やしましょう。

濡れたハンカチでもいいですし、発熱用冷却シートやアイスノンを利用することもできます。

ギックリ腰になった直後は激痛で動けませんが、安静にしていると痛みを緩和できる姿勢や動きが見つかるものです。

一般的には1週間ほどで勝手に症状はおさまってきますが、ギックリ腰ほんらいの原因が治っているわけではないので、再発する恐れや、そういった積み重ねで椎間板ヘルニアなど重篤な状態になることも少なくありません。

ギックリ腰になった場合は、専門機関で一日も早くしっかりと施術しましょう。

そうすることで治りも早く再発することも少ないでしょう。

ギックリ腰になった時の対処法を知っておくことは大事ですが、予防はそれ以上に大切と言えますから、座業の多い方は途中で腰や背中の筋肉を柔らかく保つようにケアをしましょう。

また、腰の筋力をアップさせるためのスクワットなど下半身の運動がおすすめです。

プラス筋肉を柔軟にするストレッチなども行うとなおいいでしょう。

ギックリ腰になって一日でも早く回復したい方は、当院までお問い合わせください。

きっと、あなたのお役に立つことでしょう。

#
#
#

〒607-8163
京都市山科区椥辻東潰31番地2カトウ第3ビル2階

院長:瀬川 雄二(柔道整復師)

お問い合わせ 075-502-4976

#

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院におまかせください!

京都市山科区せがわ接骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。地下鉄東西線「椥辻駅」より徒歩2分

© 腰痛改善専門 京都市山科区せがわ接骨院 All Rights Reserved.