腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院にお任せください。

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院
京都市山科区せがわ接骨院のメール問い合わせはこちら

産前産後の腰痛について

産前産後の腰痛の写真

産前産後の腰痛は、骨盤もしくは腰椎に大きな負担がかかることで発症することが多いです。

出産前(妊娠中)の腰痛は妊娠直後から始まることが多く、出産直前になると非常に強くなります。

一方、産後の腰痛はこちらも出産直後が最もひどく、時間の経過とともに少しずつ改善していきます。

大抵は1、2週間で痛みが徐々に引いていくのを実感できるはずです。

とはいえ、出産前にカラダ全体の筋肉量がひどく低下していると、症状の回復にはより長い時間がかかると考えられています。

なぜ産前産後の腰痛が起きるのか?

なぜ産前産後の腰痛が起きるのか?

出産前の腰痛は「妊娠初期」と「妊娠後期」で原因が異なります。

「妊娠初期」に起きる腰痛は、「リラキシン」というホルモンの働きによるものです。

女性の体は妊娠したことを感知すると、出産に向けてこのホルモンを多く分泌するようになります。

リラキシンには、骨盤や骨盤周囲のじん帯をゆるくすることで、赤子が出産する時に損傷してしまわないよう保護する、という働きがあります。

その結果、腰回りの筋肉によって大きな負荷がかかり腰痛が起こるのです。

一方、「妊娠後期」に起こる腰痛は、大きくなった胎児を支えるため、胸椎および腰椎に大きな負担がかかることから生じます。

特に、腰椎はお腹側へ大きく引っ張られるため、立っていると常に腰が痛い、という状態になりがちです。

出産後の腰痛は、出産に伴って骨盤が開いたままでいることによって引き起こされます。

胎児が通った後、しばらくの間は骨盤が緩んだ状態になっており、骨盤周りの筋肉が外に引っ張られたり、骨盤付近の神経を刺激して痛みを生じさせます。

また、出産時に骨盤周りで炎症が起きることも少なくありません。これも腰痛の原因となります。

産前産後の腰痛を悪化させてしまう原因とは?

産前産後の腰痛を悪化させてしまう原因とは?

出産前(妊娠中)の腰痛を悪化させてしまう原因としては「体を冷やすこと」と「強いストレス」が挙げられます。

徐々に胎児が大きくなってくるにつれ、腰にかかる負担は大きくなります。

この痛みに対処するためには、定期的に運動して筋肉の量を維持することと、体をいつも温かい状態に保って血行を促進する必要があります。(特に足元を温かい状態にすることが良いでしょう)

もし体を冷やしてしまうと、血行が悪くなるので腰回りの筋肉が硬くなってしまい、ふとした反動で筋を痛めたり肉離れを起こしたりしやすくなるので注意が必要です。

また、強いストレスを感じていると、無意識に腰や足に力を込めてしまい、筋肉を疲労させるということがあります。

ですから、いつも自分なりのリラックスする時間を取り入れることが大切です。

出産後の腰痛を悪化させてしまう原因には「良くない姿勢」が挙げられるでしょう。

出産後、骨盤が安定するまでには1カ月近くかかるとされています。

その間は骨盤に過度の負荷がかからないよう姿勢に注意する必要があります。

例えば、あぐらをかいたり、立て膝で座ったりするのは骨盤に強い負荷がかかって腰痛を悪化させる原因となります。

可能であれば、いつも足をまっすぐ伸ばして座ることを意識しましょう。

そうは、いってもずっと同じ体勢は良くありませんので、こまめに体勢を入れ替えながら過ごすことをおすすめします。

柔らかいクッションや座布団を使って、お尻を保護することも大切です。

また、子どもを抱っこする時は、右腕や左腕1本で支えるのではなく、だっこ用紐などを使って前側で抱えるようにしたりなど、極力、同じ体勢や姿勢にならないようにすることが大切です。

これも骨盤に偏った負荷をかけないためのポイントです。

注意!産前産後の腰痛の裏に隠れている病気

注意!産前産後の腰痛の裏に隠れている病気

産前産後の腰痛が余りにもひどいケースでは、腰回りの筋肉が肉離れを起こしていたり、腰椎に強い負荷がかかって骨に、ひびが入っている可能性があります。

特に、腰だけでなく背中まで痛みがある場合は、椎間板が損傷している可能性もあるので、専門の医療機関の診断を受けることをお勧めします。

産前産後の腰痛を和らげる方法、施術方法は?

改善アドバイス

産前産後の腰痛を緩和する方法として「施術(骨盤矯正)」が挙げられます。

骨盤と太ももの骨(大腿骨)で構成されている股関節を中心に行い、あとは腰部多裂筋など腰仙関節部を施術します。

産前(妊娠中)で施術ができない際は「腰痛ベルト」を使用する場合があります。

出産後の腰痛は広がっている骨盤を閉めていく施術(骨盤矯正)が必要になります。

産後広がっている骨盤を閉めることで骨盤が安定して腰にかかる負担がなくなって腰痛が一気に和らぎます。

骨盤の状態や症状によっては腰痛ベルトを併用します。

そうすることで、緩みすぎている骨盤の不安定感を防いでくれるだけでなく、腹圧をあげて腰にかかる負担を軽減してくれるので、歩く時や荷物を運ぶ時などに感じる痛みが軽くなり日常生活や仕事にも支障なく行えるでしょう。

腰痛ベルトを巻く際は、強く締め過ぎないように注意してください。

コツとしては、息を吐ききった状態(お腹が凹んだ状態)のとき、フワっと軽くしめるだけで十分です。

ただし、腰痛ベルトをしたところで、症状に変化がない場合は、使用する必要はないでしょう。

また、産前(妊娠中)で施術が行えない場合にベルトを使用する際、ベルトに使用されている素材によっては、お腹にいる胎児へ負荷がかかる可能性があるので、使用する前に担当の産婦人科医へ相談するのが無難です。

産前(妊娠中)は専門の講師の指導のもとマタニティーヨガやストレッチをすることも腰痛を和らげる助けとなります。

また、産後も同様にヨガやピラティス、ストレッチ、体操などは腰痛の緩和に有効なので積極的に行うことをおすすめします。

結局のところ、腰痛が起きるのは腰回りの筋肉が緊張して硬くなっていることがほとんどです。

ですから、静的ストレッチをして筋肉を少しずつほぐしてあげたり、バランスボールに座ってグルグル腰を回してあげるとめちゃくちゃ調子が良くなります。

「体があまり柔らかくない」という人は、ストレッチをする前に半身浴をして筋肉をじっくりと温めてから行なうと効果が高くなりますが、なによりも毎日継続することで柔軟なカラダと痛みが戻りにくい身体づくりができることは間違いないでしょう。

産前産後の腰痛でお困りの方は、当院の施術(骨盤矯正)を受けて正しい骨盤の状態にしてから、ストレッチなど軽い運動を取り入れることで日常生活に支障なく健康的に過ごすことができますよ。

そういった、ストレッチや軽い運動のアドバイスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

#
#
#

〒607-8163
京都市山科区椥辻東潰31番地2カトウ第3ビル2階

院長:瀬川 雄二(柔道整復師)

お問い合わせ 075-502-4976

#

腰痛を改善するなら 京都市山科区せがわ接骨院におまかせください!

京都市山科区せがわ接骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。地下鉄東西線「椥辻駅」より徒歩2分

© 腰痛改善専門 京都市山科区せがわ接骨院 All Rights Reserved.